ニキビ

ニキビケアにおすすめのスキンケア化粧品に配合されている有効成分

ニキビケアに効果のあるスキンケア化粧品に配合されている有効成分はさまざまなものがありますが、多く使われているものとして、ビタミンC誘導体があります。ビタミンCは美白作用は抗酸化作用など、肌の状態を正常に保つために効果のあるものですが、そのままだと吸収率が悪いだけでなく、身体の中にもとどめておける量が少ないため、化粧品に添加しても効果が薄いと言われているものです。ビタミンC誘導体は、ビタミンCが安定して身体に吸収しやすい状態に変えたものなので、ビタミンCの有効成分を十分吸収できるようになります。他の成分としてはパントテン酸があります。パントテン酸はビタミンBの一種であり、肌のターンオーバーに効果のある成分で、ナイアシンアミドといった成分と同時に塗布することで高いニキビケア効果が発揮されると言われています。他の成分としては、トコフェロールがあります。トコフェロールには抗炎症効果が認められているため、ニキビによって起きている炎症を抑える事ができたり、抗酸化作用もあるため、肌の活性酸素を取り除いて肌の状態を保つのに効果があるようです。

http://背中ニキビ原因・.com/